書キグルイ

クルちゃんの雑日記。色々なこと書いていきます。キーワード:思考、看護、ADHD夫、ペット、料理、ボルタリング、一眼レフ、アニメ、読書、北海道、食べ歩き

ナリワイをつくる

今回は私がしたいとつい思ってしまうようなナリワイの本を読んだので、学んだことや覚えておきたいことを書いていきます。

本のご紹介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方 [ 伊藤洋志 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2019/11/20時点)


ナリワイとは 生業と書くように生活の中の業を、仕事に発展させることがナリワイだと私は思います。 自分の生活を充実させた上で、余ったら業を隣人に振る舞いお金を手に入れる。 丁度、煮物が余ったからよかったら食べて、なんてお隣さんへお裾分けをして、お礼に手作りのお菓子をもらったなんて感じでしょうか。 また、本の中で一つのナリワイで稼ぐ金額ほ小額で良くて、それを複数組み合わせることで生計を立てるとあります。

ナリワイのポイント

ナリワイでは1億人を相手にしていると思わないことが大切です。
ナリワイとは、企業のように大々的にやっていては採算が取れないような仕事のこと。
対象が少人数だからこそ生きてくるものなのです。思いを込めて丁寧にナリワイをこなしていけば、必ず結果はついてきます。

ナリワイの10カ条

以下、本より抜粋しています。

  1. やると自分の生活が充実する
  2. お客をサービスに依存させない
  3. 自力で考え、生活を作れる人を増やす
  4. 個人で始められる
  5. 家賃など固定費に追われない
  6. 提供する人、される人が仲良くなる
  7. 専業ではないことで、専業より本質的なことができる
  8. 実感がもてる
  9. 頑張って売り上げを増やさない
  10. 自分自身が熱望するものを増やす

ナリワイのトレーニン

KJ法を使うといいそうです。
①「こういうものがあったらいいな」「こういうものが無駄だ」というものをとにかく書き出します。
②希望を叶えるものや、問題を解決するものを予想します。
③ナリワイが持つ価値を考えます。

(具体例)
①働かなければならないという世の中が無駄。働かなくても生きていけるような世の中になればいいのに。
②全ての仕事をロボット化して、人が仕事をしなくても潤うような世の中にする→家事ロボットを作る
③家事ロボットを作ることで家事に費やす時間が減り自由な時間を作り出すことができる。

こんな感じに思考する癖を付けていくことでナリワイを考えるトレーニングになるそうです。

日常の違和感に対して「なぜ?」を何回も繰り返し、ナリワイの種を探す方法も有効なようです。

これ以外にも仲間内でもいいので小さなイベントを考えら段取りをして告知をするということも、ナリワイのトレーニングになるそうです。

ナリワイにおけるお金の考え方

ナリワイ初心者は、お金をもらうからと完成度にこだわりすぎて結局実践しないということが多いようです。
荒削りでも価値のあるナリワイであれば自然にお金もついてきます。ナリワイの種を考えるときの思考が大切なのです。

ナリワイの価格設定は、自分の思う価格よりも少し高めの金額を設定すると良いようです。
低過ぎれば、長く続けることとが大変になりモチベーションも保てません。
本業ではないのだからと遠慮をしていては、ナリワイとして成立しないのです。

ナリワイは稼ぐだけではない

ナリワイはバイトや副業の一種とも言えますが、そうでもないとも言えます。
どういうことかというと節約もナリワイの一種だということ。
固定費である住宅費を考えてみます。5万円の住宅費が毎月かかれば、年間60万かかってしまいます。
ここを減らせれば、かなりの節約になります。支出が増えなければ、貯金も増えます。
同じように料理や栽培、修理の技術を学べば、それだけ節約になりお金になります。
節約といえば、我慢のイメージが強いですが生活を豊かにしつつ節約もできてしまうというのがナリワイなのです。