書キグルイ

クルちゃんの雑日記。色々なこと書いていきます。キーワード:思考、看護、ADHD夫、ペット、料理、ボルタリング、一眼レフ、アニメ、読書、北海道、食べ歩き

飲み会参加をやめてランチ会主体になって良かったこと

f:id:siokalaxxx:20191005211843j:plain最近、体力が落ちて飲み会に行かなくなりした。その代わりにランチ会を行くようにしているのですが、そこで起こった良いことを少し紹介したいと思います。

お金が浮いた

飲み会は1次会、2次会と会が続く場合が多いです。飲み会が続けば、それだけ出費も2倍3倍と膨らみます。1回の出費が安くても3000円程度ですので、2次会になれば6000円、3次会になれば9000円とそれなりの金額に。「朝まで飲むぞー!」なんてならば途方もなくお金が掛かってしまいます。
一方、ランチ会であればランチを食べてお腹が一杯になったら終了。もしくは食後のデザートとしてちょっとした出費をする程度です。お値段も安く、そこら辺の飲食店であれば2000円分も食べれば充分です。

次の日への影響が少なくなった

飲み会はもちろん夜にやりますよね。昼にやったとしてもお酒は飲みます。そうなるとやってくるのが二日酔いと寝不足です。
ランチ会では、お酒も飲まないしお昼にやるものなので、寝不足も二日酔いもありません。体調不良なしに食事を楽しめるのは大きいです。

満足度が高い

主にお腹の満足のことです。ランチであれば、お腹いっぱいになる量は居酒屋に比べて安価です。パスタ800円、とりわさ・たこわさで800円であればパスタの方が満腹になりますよね。
また、飲み会では酔っ払って何を食べたのかよくわからないということも少なくないでしょう。ランチ会であれば、何を食べたのかわからない状況は発生せず、「美味しかった」と食事の質にも満足できる気がします。

家族に気兼ねしない

飲み会をするとなると大概夜です。帰ってくるのも深夜に及ぶでしょう。家族が寝ている中「起こさないようにしなければ」と気兼ねすることも多いはずです。ご両親がいる人は深夜まで遊んで心配させることもあるはずです。
ランチ会であれば、昼間なので安全も確保されていますし誰かに迷惑をかけることもありません。飲み会に比べて家族に気兼ねなく行けて、気兼ねなく楽しめるのです。

時間が有効活用できる

先でも述べましたが、飲み会は1次会・2次会と飲み続けることが多いです。飲み会に費やす時間は多く酔っ払えば、それ以降の時間は質の悪いものになってしまいます。
ランチ会であれば、話が弾んで長引いたとしても酔っ払っていることはないでしょう。ランチが終わって満足したら、勉強や娯楽、家事など自分が好きなことに時間を使うことができます。

健康的になる

これはダイエット効果も含めて健康的になるという意味です。酒は百薬の長と言いますが、飲み過ぎれば肝臓・腎臓などの負担につながります。ましてや、アルコールは油に次いでカロリーが高い(アルコール1g=8kcal、油1g=9kcal、タンパク質1g=4kcal)のでダイエットの大敵になります。
それを一気に解消し、前菜にサラダまで食べれてしまうランチ会は健康的と言えるでしょう。

まとめ

最近体力が落ちてきたという人にはランチ会をぜひお勧めしたいと思います。ただ、飲み会を全面否定する訳ではないので、「まだまだ私は若い!体力がある!」なんて人は全力で飲み会を楽しんで下さいね。