書キグルイ

クルちゃんの雑日記。色々なこと書いていきます。キーワード:思考、看護、ADHD夫、ペット、料理、ボルタリング、一眼レフ、アニメ、読書、北海道、食べ歩き

漠然と仕事が面倒と感じるので理由と対策を考えてみた

f:id:siokalaxxx:20191004210707j:plain最近どうにも仕事が面倒でやる気が出ません。仕事は生きるために必要な行為なので、辞める訳にはいきません。少しでもモチベーションあっぷを図るため理由と対策を真面目に考えてみます。

理由

朝起きるのが面倒だから

仕事が面倒だと感じているとついつい夜更かしもしがちです。寝不足な体を無理やり起こすのはとても面倒くさいもの。疲労も感じやすいです。その後に仕事が待っているのであれば尚更です。

仕事で失敗するのではないかと不安だから

業務の内容で不安な部分があれば、それだけ仕事に対して嫌な思いが募っていきます。不安は解消しきれないものですから、その内気持ちがパンクして面倒だなという気持ちに変わっていきます。

心身ともに疲労しているから

慢性的に疲労も感じているのなら、更に疲労を蓄積していく仕事に対しても嫌な気持ちになりやすいです。さらに仕事が終われば、次の日の仕事を面倒に感じることで寝るのを先延ばしにしてしまうことでしょう。寝不足になる→仕事で疲れる→仕事を面倒感じる→夜ふかしをする→寝不足になるという悪循環が続きます。

対策

何も考えずに早めに寝る

寝不足からの悪循環を断ち切るために早めに寝ることが対策の1つです。私のお勧めは寝る時間を決めるのではなく、寝る前の行動を決めること。時間で決めると「よし、寝るぞ」となった時にももう少し起きてようとなりがちです。
一方で「お風呂に入ったから寝る」と睡眠に連なる行動を決めるとすんなり眠れます。寝る前の行動を決めておくと、寝るため儀式のような感じになり、入眠もスムーズになりますよ。

不安の原因を探り予め準備しておく

業務の流れが不安であれば先輩にきいておく。知識不足が不安であれば事前学習をしておく。当たり前なことですが、これだけでも多少の不安の軽減につながります。
「どんなに事前の準備をしておいても不安」という人は「あれだけやったんだから、やらなきゃ損、やってもダメならそれは運が悪かったんだ」くらいに思えばいいのです。

体を十分に休めておく

体が疲労していれば、それだけ仕事に行くために疲労します。毎晩お風呂に入ったり、マッサージやストレッチを習慣にしたり、アロマテラピーを活用してみたり。
積極的な休み方としては、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動をしておくと休息の効果が高まるようです。

仕事終わりの楽しみを考えておく

精神的に疲れている時はこれをしましょう。大体、精神的に疲れている時は「自分の人生はこのつまらない仕事ばかりをして終わるんだ」くらいしか考えられていません。
実際はそんなことないのですが、自分の考えが強ければ強いほど、無意識にそういった行動をしがちです。「楽しい人生だ」と感じられるようにするにはまず行動すること。
幸せを感じられるように仕事終わりのご褒美としえスイーツやディナーを特別なものにしたり、少し家事を手抜きして休息してみたり、楽しみを仕事終わりに設定しておくと仕事も楽しくなります。

まとめ

仕事が面倒と感じるのはマイナスな思考や状況が潜んでいるせいだということがわかりました。対策としては一般的なものになってしまいましたが意外とできていないものが多いと思うので実践してみてはどうでしょうか。最後に、仕事は生きる上で必要不可欠ですが、心身を疲弊させて病気になってまで仕事をする必要はないことを覚えてください。何事もバランスが肝心です。