書キグルイ

クルちゃんの雑日記。色々なこと書いていきます。キーワード:思考、看護、ADHD夫、ペット、料理、ボルタリング、一眼レフ、アニメ、読書、北海道、食べ歩き

ボルタリングの始め方についてまとめました

f:id:siokalaxxx:20191003091728j:plain
ボルタリングを趣味として始めているのですが、友達を誘ってもなかなかハードルが高いようで始めてくれない。「実はボルタリングって簡単に始められて楽しいよ」ということを伝えたいので、ボルタリングの始め方について書いていこうと思います。

 

ボルタリングとは

ボルダリング(bouldering)とは、[クライミング]の一種で、最低限の道具(シューズとチョーク)で岩や人工の壁面などを登る[スポーツ]である。語源は"boulder"(大きな石ころ)近年のボルダリングブームでマナーの低下したクライマーが増え問題視されている。

引用:ウィキペディアWikipedia

 

人工の壁面を登るスポーツのことをボルタリングと言います。体力勝負と思いきや、コースの難易度が簡単なものから「人間が登れるの!?」となる程難しいものがあるので、始めやすくのめり込みやすい競技になっています。

 

準備するもの

  1. ジャージ、靴下
  2. ボルタリングのシューズ
  3. チョーク

準備するものはほとんどありません。ジャージなどの動きやすい服装、靴下、お金があればボルタリングをできてしまいます。

ボルタリングのジムでクライミングを始めるには専用のシューズが必要ですが、大体の場所ではレンタルができるので心配いりません。滑りとして使うチョークも必要であればレンタルできます。

 

費用

地域にもよるかもしれませんが、私の場合は3000円でボルタリングを始められました。これは利用料だけでなく、ジムの登録料も含まれています。登録料は初回のみ掛かります。

登録が終われば、次回からかかるのはジムの利用料と道具のレンタル料だけになります。大体1回遊ぶのに1000〜2000円程度で1日遊べるのでコスパも高いかと思います。

シューズやチョークをレンタルでなく自前のものが欲しいという人もいるかと思います。シューズもチョークもピンからキリまであるのですが、安いものであればシューズで1万程度、チョークで800円くらい。安かろう悪かろうと心配になるかもしれませんが、初心者が登る分には何の支障もありません。

 

遊び方

遊び方はすごく簡単です。

  1. コースを選ぶ
  2. スタートの石を両手で掴む
  3. 足を地面から離してスタートを切る
  4. 指定された課題を登る
  5. ゴールの石を両手で掴んだところで終了
  6. 降りてくる

 

詳しく説明していきます。

コースには難易度によって色分けされています。コースの見分け方は石の近くに貼ってあるテープとテープの形。同じテープが貼られた石だけを使って登っていきます。

スタートの石には「S」と書かれたテープがあるはずなので、それに両手をかけます。そして、同じテープの色の石のどこかに両足を乗せたところでスタートとなります。石に片足だけ掛けた状態で登り始めてもそれはルール違反となってしまうので注意して下さい。

スタートしたら、テープが同じであれば登り方は自由です。ゴール目指してどんどん登っていきます。

ゴールのテープには「G」と書いてあります。そこに両手をかければ、見事ゴールです。あとは降りてくるだけです。降りる時は飛び降りてもテープに関係なく降りてきても大丈夫です。

 

まとめ

ボルタリングは「運動神経が良い人やるもの!」なんて思っている人もいるかもしれませんが、難易度が簡単なものなら始めやすいです。ボルタリングをすることで体幹を鍛えることもできます。楽しめて健康にも良いボルタリングぜひ体験してみて下さい。