書キグルイ

クルちゃんの雑日記。色々なこと書いていきます。キーワード:思考、看護、ADHD夫、ペット、料理、ボルタリング、一眼レフ、アニメ、読書、北海道、食べ歩き

私のブログネタの作り方を大公開

f:id:siokalaxxx:20190926201531j:plain

ブログを始めてすでに半月くらい。そろそろブログネタに困ってくることが多くなってきました。追い詰められている感じがしますが、ブログのネタを考えるときに使う方法をまとめ、少しずつ増やして「ネタがない」という状況を乗り切りたいと思います。

 

私のブログネタの作り方

雑記ブログの特徴を生かす

簡単に言えば、ブログで使っているカテゴリーの種類をどんどん増やしていきます。特化型のブログであれば、それだけネタに使えるカテゴリーが減ってしまい「ネタがない」状況に陥りがちですが、雑記ブログではそれを回避できます。

自分の興味のあるカテゴリーを浅く広く書いていくことでブログネタの確保に繋がります。

 

料理番組のネタにする

「料理レシピ100の女になる」なんて目標を持つ私ですが、そもそも料理をしない私が自力でレシピを探して作ったこともない料理を作ってレシピを増やすなんて苦行極まりないです。

そんなときに役立つのが料理のテレビ番組。「あ、あれ美味しそう」と思ったら料理名だけ記憶しておいてレシピは後からネットで調べます。自力でレシピを探すという作業が省けて楽です。

最近は、街頭で「この料理作れますか」と料理をさせる番組もあるので、そこで作っているレシピを拝借しています。創作寄りの料理ではなく、いわゆる定番の料理が沢山紹介されているのでお勧めです。

www.tbs.co.jp

 

自分の困っていることをネタにする

例えば、古くて使っていない状態の自転車があるとします。「高かったし修理して使えるようにしたいな」「修理しきれないときは捨てないといけないけど、どうやって捨てればいいんだろう」なんてことを思って、それぞれ調べますよね。修理方法や捨てる方法がわかれば、それを実践しますよね。それを1つの記事としてまとめればいいんです。

 

自分の趣味をネタにする

これは言わずもがな。自分の趣味なら多くのことを語れるので、良い記事にもなります。

ただし、「今日はこんなことしましたー」という内容では文章にボリュームを持たせることもできませんし、よっぽどの有名人でもない限り見たい人も少ないかと思います。

趣味ネタでポイントなのは、趣味から内容を派生させること。例えば、私の趣味の中に「一眼レフで写真を撮る」というものがあります。これで「今日はこんな写真を撮りました」だけでは見る人は増えません。

ここから「写真を撮った場所」「写真を撮るのに意識した構図」「撮影時のカメラの設定」「撮影の時に使ったカメラ」という情報を加えるだけで、毎回違ったボリュームのある記事になります。

 

自分の思考をまとめる

本やテレビなどから得る情報、日々の体験といったことに対して自分で考えたことをまとめます。これは自分が体験したことの数だけ記事が作れるのでネタに困ることはありません。

 

まとめ

今回は私が使っているブログネタの探し方をまとめてみました。とりあえず、ブログの記事の数を増やすことを目標にしている時点でのネタ探しですが、ブログネタがないという人には役立つかなと思ったりしてます。皆さんもストレスフリーでブログ生活楽しみましょう。