書キグルイ

クルちゃんの雑日記。色々なこと書いていきます。キーワード:思考、看護、ADHD夫、ペット、料理、ボルタリング、一眼レフ、アニメ、読書、北海道、食べ歩き

片付けが苦手なADHDな夫を片付け上手にする方法

f:id:siokalaxxx:20190913205547j:plain

夫はとにかく片付けが苦手。何度言っても片付けができず、私自身ストレスになっています。本当は仲良くやりたいけど、イライラに勝てない。そこで、どうやったら夫に片付けをしてもらえるかとあれこれ考えてみました。

原因は先延ばし癖

特に片付けに関してですが、〇〇をやってほしいと伝えても、すぐにやらないところがあります。夫自身もやらなきゃいけないなと思っていても、すぐにできないところがあります。いわゆる目先の利益がないと動けないのです。自分の趣味だったり、美味しいものを食べれたりするときの活動力は凄まじいものですが、終わった後の片付けに関してはあまり利益を感じないのかなかなか進みません。

 

楽しみがあること=散らかること

片付け=楽しみがない結果

楽しくないから片付けられない

 

どうして先延ばしにするのか

ADHDの特徴に多動性や衝動性が目立つと言うものがあります。相手の話を遮って自分の話をしてしまうというのはこの衝動性に当たります。ADHDの人は目の前にやるべきことがあっても周りに他の事象がおきれば、すぐに気が散ります。現在行なっている作業より大事だと感じてしまうのです。

他にも私自身経験があることが原因だと考えられます。それは完璧主義になってしまっていること。完璧主義なので片付けも完璧にしなければという心理が働きます。そんな心理状態なので、これからやる作業は膨大になってしまい、片付けが億劫ということになります。

 

ADHDは衝動性が強い

完璧主義だから作業を始めづらい

 

片付けるために

まず、周りに気が散らないようにスマホやテレビは没収してみます。衝動性が強いといっても、周りに気になるものがなければ、片付けも捗るはずです。

飽きがきて片付けられなかったとならないように時間を区切ってゲーム感覚を強調します。タイマーを10分にセットして片付けをしてもらい、達成したらお菓子などのご褒美で次回へのやる気を盛り上げます。子供みたいですが…。

完璧に綺麗に片付けたいと思うと散々散らかした後だから、どうしても作業時間を費やさないといけません。それが面倒でいつまで経っても先延ばしで片付けられないという事態になると考えられます。片付けの作業を小さく区切って出来るだけやりやすい作業に変えてあげましょう。

 

(例)洗濯

洗濯物を分ける、分けたものを洗濯機に入れる、洗濯機を回す、洗濯物を干す、洗濯物を取り込む、洗濯物を畳む、洗濯ものを収納する

洗濯1つで、これだけの作業に分けられます。この内、1つの作業だけなら簡単にできると思いませんか?そこを頼むことで徐々に慣らしていけば、家事も進んでやるようになるはずです

 

完璧主義をやめさせる

作業はできるだけ小さくして実行させる

時間も区切る

 

散らかさないために

そもそも物を増やさなければ、散らかることはありません。散らかっても片付けを邪魔する要素がなければ、片付けも幾分やりやすくなります。いいことだらけなので、断捨離を決行しましょう。しかし、旦那様の物だけ減らせば激怒されること間違えなし。自分のものも断捨離するか、もしくはそこら辺に仕舞いこんで明らかに使ってないだろうというものをこっそり捨てましょう。

次に服などを入れるタンスにはステッカーなどを貼って目印をつけます。どこに何があるかわからないから収納するのも面倒だとならないです。

そして最後が持ち物の場所を指定する。サバゲーが趣味の夫ですが、そこらへんに銃が散らかっていることが多いです。そこで作ったのがガンラック。ここだけと場所を指定してしまうと案外そこに収めてくれるものです。ここで重要なことが導線をなるべく短くすること。ガンラックであれば遊んで玄関から帰ってきたらすぐ近くにあるという状況が理想的。できていないと、段々と近場に置くようになります。

 

ものを増やさない

片付ける場所に目印をつける

ものを置ける場所は限定する

 

まとめ

ざっくり考えたことを実践した結果、少しずつですが夫も片付けをしてくれらようになりました。気を抜くとすぐに散らかってしまうのですが、気持ちで変動するということは夫なりに頑張ろうと思っている証拠かもしれませんね。これからも綺麗なお部屋が維持できますように。